オオルタイチ・スペシャルバンド『HOTOKENO』

ウリチパン郡『ジャイアント・クラブ』再発版

3月10日 2タイトル同時リリース

OORUTAICHI with SPECIAL BAND

『               』

昨年活動20周年を迎え大々的な記念コンサートを開催し、スペシャルバンド編成でのライブを披露したオオルタイチ。

集結した7名のミュージシャンと共にニューアルバムが制作された。新曲「ほとけの」をはじめ、リアレンジが施された

水曜日のカンパネラへの提供曲「愛しいものたちへ」2010年にキセルをフィーチャリングしリリースされた「燃えるひみつ」など

セルフカバーで新しく生まれ変わった全5曲を収録(収録時間31分)歌を主軸としたバンドサウンドにストリングスや

スティールパンの響きが交わる。 これまでのエレクトロニック路線とは一線を画した新しいオオルタイチ音楽の誕生。

track list

¥2,300(税別) OKIMI-018

写真 : 佐伯慎亮

Oorutaichi special band

Vocal, Guitar : オオルタイチ

Guitar, Sax : 植野隆司

Piano, Synth, Gong : 石田多朗

Steelpan, Chorus : トンチ

Bass, Contrabass : 田中馨

Drums : 岸田佳也

Cello : 成田七海

Viola,Violin : 川村蕗倭皇

MOVIE

ウリチパン郡

『ジャイアント・クラブ』

琴線に触れるメロディアスな歌と、あくまでJ-POPのフィールドに落とし込まれた斬新な楽曲アレンジ。

ジャズ、ブラジル、はたまたアフロビートやフォルクローレまでも彷彿させるサウンドに日本語詩が共鳴する。

太古から近未来まで、歪曲した時空で生まれた全く新しい宇宙ポップスの誕生。

2008年のオリジナルリリースの後、長らく廃盤となっていた名盤が12年の時を経てのリシュー。

track list

¥2,300(税別) OKIMI-019

COMMENT

POPSの究極のすがたは、わらべうたかな? このアルバムを聴いていて、フトそんなことを思いました。

すごく時間をかけて、ていねいにつくってあるね。

 - 坂本龍一

 

黒潮にのってやってきた!? こんな爽やか変態、聴いたことない。

 - UA

 

デジャヴュにも、予感にも当てはまらない正真正銘、生まれて初めて聞いた音 なのです。

しかしながら、私の小指あたりの細胞が実に楽しげに弾けているところをみると、

どうやら現在の私には知り得ない記憶で繋がっていそうな気もするわけで、、、 ウリチパン郡の小気味良い謎は深まるばかり。

 - 内田也哉子

ウリチパン郡

オオルタイチ

YTAMO

千住宗臣

カメイナホコ

 

2003年オオルタイチとYTAMO(ウタモ)により結成。完全なホームレコーディングで完成させた1stアルバム「せん」をリリース。

その後ライヴ活動に伴い、かねてより交流のあった千住宗臣、カメイナホコがメンバーとして加入し、ライヴ活動やスタジオでの

レコーディングワークを繰り返しながら、4年の制作期間を経て2008年2ndアルバムとなる「ジャイアント・クラブ 」をリリース。

J-POPでありながら、時代・ジャンルを凌駕する無国籍なサウンドは日本屈指のオルタナティブポップバンドとして

賞賛を持って迎えられた。ジャイアント・クラブリリース後は朝霧ジャムなどを始め、各地のフェスティバルへ出演、

UAの「黄金の緑」のリミックスなども手がけた。 2010年惜しまれつつも無期限の活動休止を発表。

MOVIE

お取扱店

写真 : 佐伯慎亮